自社のインフルエンサーを管理するための “iCON Suite”

試供品を配る”サンプリング”。SNS時代は?

「サンプリング」といった場合、マーケティング用語では「商品を実際に配布してプロモーションする」ことを意味します。
消費財メーカー、食品メーカー(特に菓子などの嗜好品)、タバコメーカーなどが古くから行っている手法です。

現在では、SNSの隆盛を背景に、サンプリングは「ソーシャルでシェア・拡散される」ことを前提に行われることが増えてきました。

「気に入ったらSNSで広めて下さい」と前置きした上で試供品を配布するという手法が一般的になりつつあります。
※これを自社の会員組織に対して行う企業も多く、その場合アンバサダーマーケティングという概念とも関連します。

SNS時代のアンバサダーマーケティングとは?

2017.05.10

さらに、インフルエンサーに商品を提供し、同様に「気に入ったらSNSで広めて下さい」と依頼する手法もあります。

インフルエンサーに話を聞くと、特に金銭の授受もなく、投稿の強制もない中で、企業から「もし気に入ったらSNSで紹介して下さい」といった温度感で商品の提供を受けることはよくあると言います。
これは、サンプリング的な手法を取るインフルエンサーマーケティングと言えそうです。

自社でインフルエンサー・グループを組織

さらには、インフルエンサーを自社で抱えてしまい、そのインフルエンサーに商品を提供して、SNSで拡散を図るという手法を取る企業も現れています。

例えば、アパレルブランドでは、店舗に「人気の販売員」(一昔前の表現で、いわゆるカリスマ店員)がいることがあります。
この「人気の販売員」は、InstagramなどのSNSでも多くのフォロワーを抱えているインフルエンサーであるケースもあります。
(そうでない場合でも、企業側が人気販売員を積極的にインスタグラマーとしても育てようと企画することもあります。)

自社にとって最良のインフルエンサーとは? 海外コスメブランドの事例

2016.06.03
こうして、自社でインフルエンサー・グループを組織していくわけです。
このような自社お抱えのインフルエンサー・グループに新商品が提供され、その商品に関する投稿がSNSでされた場合、非常に強力なマーケティング施策になります。

言ってみれば、アンバサダーとしての熱意と、インフルエンサーとしての影響力を持った人がメッセージを発信するわけですから。

新たな悩み、インフルエンサーをどう「管理」するか?

こうした自社でインフルエンサー・グループを組織を抱える企業にとって悩ましいのが、「インフルエンサーの”管理”」です。

アパレルブランドのマーケッターは、次のような課題に直面するようです。

  • 全国の店舗のスタッフ何十名に、「この服を身に着けて、このハッシュタグを記載してInstagramに投稿して」とお願いするものの、それが完了したのか一件一件チェックするのが大変
  • インフルエンサーの投稿に対して、ファンからどのくらいのリアクションがあったのか、調査するのが大変
  • どのインフルエンサーにどの服を着て投稿してもらったら効果が良かったのか検証するのは大変
  • 自社で育成しようとしているインフルエンサーが順調にフォロワーを伸ばせているのか確認するのが大変

iCON Suiteのインフルエンサーリスト機能・レポート機能を活用する

THECOOが提供するiCON Suiteはインフルエンサーを見える化するツールです。
様々な属性データをもとに、インフルエンサーを検索できるのが強みです。

加えて、「インフルエンサーの管理を楽にするツール」である、という側面もあります。

先ほど紹介したマーケッターの悩みを、以下のようにして解決します。

インフルエンサーとしてのスタッフをリスト化する

まず、投稿を依頼するインフルエンサー(ここでは店舗スタッフ)をiCON Suiteのリスト機能を使って、全てリスト化します。
インフルエンサーの基本情報を一覧できる上に、iCON Suiteが提供する「インフルエンサーのデモグラフィック情報」も表示できます。
何より、このリストはURLベースで簡単に他の人と共有することが出来ます。

レポートを作成する準備。ハッシュタグの指定。

次に、先ほどのインフルエンサーの皆さんがInstagram投稿の際に記載するハッシュタグと同じものを、iCON Suite側にも設定します。
iCON Suiteは「インフルエンサーのリスト x ハッシュタグ」という条件で、Instagramからデータを取得してレポートを生成します。

レポートを確認し、分析する。投稿漏れがないか確認する。

下のイメージのように各インフルエンサー(スタッフ)の投稿が、どれだけ「いいね」・「コメント」のリアクションを獲得したのかを確認・検証することができます。
どの人の投稿がユーザーに支持されたのかを確認し、次回の施策に活かすことができます。

また、ここで重要なのが「レポートにデータが上がってこない = 指示通りに投稿されていない」ケースを抽出できるという点です。

故意ではなくとも投稿時にハッシュタグの付け忘れ・付け間違いが起こったり、投稿そのものを失念してしまったり、アカウントを非公開にしてしまったり、といったヒューマンエラーを簡単に早期発見することが出来ます。

iCON Suiteでインフルエンサーの管理の悩みを解決

iCON Suiteはインフルエンサーを見える化し、インフルエンサーマーケティングの精度を高め、関連するあらゆるタスクを軽減することを目的としたサービスです。

「インフルエンサーの管理」でお悩みの場合にも、iCON Suiteをお役立ていただくことが出来ます。