YouTubeの新たな広告フォーマット”Bumper ads”は「動画の俳句」。

haiku

来月5月、YouTubeから久々に新しいフォーマットの動画広告が登場するようです。
Bumper ads“という名称の新しい動画広告フォーマットが発表されました。

YouTube動画広告と言えば、この数年を掛けて”TrueViewファミリー”と呼ばれる「視聴課金型」の動画広告フォーマットに一元化されました。
そして昨年、2015年にAdWordsとの完全統合がなされたのは記憶に新しいです。

今回新たに登場するのは、TrueViewに似たプレロール動画広告です。

“Bumper”, YouTuberの新たな動画広告フォーマット

Bumper Ads(Bumper広告)の特徴

  1. 動画の尺は”6秒
  2. YouTube動画に対して、プレロール再生される
  3. TrueViewと異なり”スキップできない
  4. AdWordsからオークション形式で出稿
  5. CPMベースで課金
  6. スマートフォン向けのフォーマット
  7. TrueViewを代替するものではない(TrueViewとは共存する)

3.の「スキップできない」はブログ中に明記されているわけではないですが、その形式からスキップできないと考えられます。

5.のCPMベースというのは、おそらく最終オークション自体がCPMで実施されるという意味ですが、入札がCPCでできるかどうかは言及されていません。

6.の「スマートフォン向け」というのは、明記はないですが、文脈から「スマートフォン専用フォーマット」という可能性が高いです。

「自宅のリビングでスマートフォンを使うユーザーが非常に多いという事実を受けて開発された広告フォーマット」と記されています。

Googleは、TrueView広告と組み合わせることで、新たなリーチとフリークエンシーを獲得できるとしています。
TrueView単体で実施するよりも多くのユーザーが視聴してくれて、かつ一ユーザーあたりの視聴回数も増える、と解釈できます。

Bumper x アトランティック・レコード

βテスターとなったアトランティック・レコードの動画です。
アーティストの新譜のプロモーションに使われたとのことです。

  • TrueView広告を併用し、アーティストやその新譜に関するストーリーを深く語る
  • 加えてBumperでユーザーに短くとも印象に残るメッセージを与える

というプロモーションが実施されたというもの。


Bumper x アウディ QシリーズSUV

こちらは自動車メーカーのアウディの動画です。

アトランティックの例と同様、TrueView広告が「完全版」で、Bumperがその「ダイジェスト版」のような構成になっています。

  • QシリーズSUV
  • Qシリーズの”Q”をテーマにした動画で、ドイツ語のQで始まる物語が展開されます。

  • 独: querpass (英: cross kick)
  • 原文は Cross kick としていますが、マルセイユ・ルーレットと呼ばれるフェイントです。(かつてフランス代表のジダンが得意とした)

  • 独: quantensprung (英: quantum leap)
  • 大ジャンプ、飛躍的な進歩。

    “Bumper”は「動画の俳句」

    GoogleはBumper Adsについて、下記のように述べています。

    • “Bumper”は「動画の俳句」のようなものと考えている。
    • このフォーマットをクリエイターがどう活用するか楽しみ。

    6秒尺の動画を「瞬間を切り取る俳句」に喩えたのは、言い得て妙です。
    実際、6秒尺の世界でどんな表現が生まれてくるのか、非常に楽しみですね。
    ますます、テレビCMとは違ったWebならではの動画広告の手法というのが発展していきそうです。