Instagramが投稿可能な動画の時間を現在の4倍の60秒に

60s-video

Instagramの投稿動画の時間制限の緩和について、国内外でニュースになっています。
現在の15秒から4倍の60秒へと拡大されます。

Instagramで60秒の動画の投稿が可能に

あなたの生活をInstagramの動画に撮って残すのがもっと面白くなりそうだ。
Instagramは動画の制限時間を60秒に拡大することを発表した。

以前までの15秒と比べると、この1分という時間は永遠にも感じる。

Video Creators on Instagram from Instagram on Vimeo.

この機能を発表するにあたって、Instagramは、最近Instagramプラットフォームに投稿された動画の短いビデオモンタージュを出してきた。

この変更は、InstagramがSnapchatのような10秒制限の人気アプリの領域から離れ、よりYouTubeの領域に近づいた、という点で非常に興味深い。

賢明なユーザーたちは1分という時間制限の中で、1分間のスナップショットを撮ると同時に、自身の生活のミニドキュメントのようなもっと手の込んだ動画を作りはじめるだろう。

Instagramの愛好者なら誰しも、このアップデートは非常に魅力的であり、彼らはさらにYouTubeの動画から遠ざかるだろう。

しかし、このアップデートは「本日より開始されるものの、全てのユーザーが使えるようになるのは数カ月先」と言われており、初期の段階では一部のインフルエンサーだけが利用できるものだと考えられる。

Instagramが、よりYouTubeに近づく?

1分間というのは案外に長い尺です。(ご自身のスマートフォンに残っている動画を確認頂くと、1分未満のものが多いのではないでしょうか。)

1分間人の興味を惹きつけるような動画を作るには、それ相当のクリエイティビティーが必要になります。
テレビCMを想起して頂くと、1分尺のものはちょっとしたドラマ仕立てになっているようなものも多いかと思います。

ニュースでは、「InstagramがよりYouTubeよりに」と評していますが、Instagramが短尺のプラットフォーム(vineやSnapchat)と長尺のYouTubeとの間に、独自の世界を作っていくだろうことは想像できます。
あくまでYouTuberとは別の路線です。

従来のインスタグラマー(Instagrammer)でもYouTuberでもない新しいタイプのクリエイター、インフルエンサーの誕生に今後は注目です。