エスティ ローダー婚活リップ がソーシャルで圧倒的に支持される3つの理由

Yahoo!検索大賞コスメ部門賞「エスティ ローダー 婚活リップ」が気になる

Yahoo!検索大賞からもう一つ。コスメ部門賞「エスティ ローダー 婚活リップ」。
「婚活リップ」そのものは数年前から流行しているようですが、2016年は、この「エスティ ローダー 婚活リップ」という語句の検索数の増加が、他のコスメと比較して大きかったということなのでしょう。

「エスティ ローダー 婚活リップ」の検索数の推移

「エスティ ローダー 婚活リップ」の2015年-2016年のトレンドです。
2016年、Googleでの実際の検索数は月間1,000-14,800の幅です。
年間で均すと、月間2,000回程度検索数が増えている計算に。

konkatsu_lip_2015-16

エスティ ローダー 婚活リップ 検索数推移

どこかで一時期に急激に検索数が増えたというわけではなく、年間という単位で検索数を比較すると、去年より検索数が増加していた、というパターンです。

2015年の10月ころから徐々に伸び始めて、2016年の3月頃にダウントレンド。
2016年の6月末(グラフ中の赤矢印)に持ち直して徐々に上昇トレンドという流れです。

2016年の6月末(グラフ中の赤矢印)の検索数の伸びは、日本テレビの情報番組「ヒルナンデス!」で紹介された影響のようです。
(また、6月30日にはエスティローダーから新商品も出ています。)

とは言え、「スーパー大麦グラノーラ」のようにテレビばかりが火付け役になったというより、テレビも含めた様々なメディアや口コミで徐々に浸透していったような検索数の推移です。

Instagramで大人気! エスティローダー婚活リップ

Instagramでは実にたくさんの婚活リップに関する投稿が上がっています。
ソーシャル上で非常に流行しているといって差し支えないでしょう。

#婚活リップ

#婚活リップ の投稿数

ちなみに、こちらの5,600以上のいいねと90件超のコメントを集めている投稿は、女優・タレントの足立梨花さんによるものです。(94万フォロワー)

ただし、こちらで言及されているのはエスティローダーの製品ではなく、Yves Saint-Laurent(イブ・サンローラン)のものです。
実は婚活リップとして世間を賑わせている製品はいくつかあり、その中でエスティローダーとイヴ・サンローランの製品が特に注目されているようです。

検索ユーザーは、「婚活リップ → 婚活リップ エスティローダー → 婚活リップ イブサンローラン」などと様々検索して品物を選ぶようなイメージでしょうか。
相乗効果で検索数は増加するものと考えられます。

なぜそれほどにソーシャルで支持されるのか?

多くのインフルエンサーが話題にし、SNSで流行するのは、「ブランドや商品自体がユーザーから愛されているから」なのはもちろんです。
加えて、商品を手にした人・見聞きした人が「SNSに上げたくなってしまう」ような商品性があるからのようです。

「エスティ ローダー婚活リップ」がソーシャルで支持される理由は、以下の三点と考えられます。

  • 名入れができる・プレゼントとして選ばれやすい
  • 店舗限定や期間限定といった限定刻印がある
  • 公式のソーシャルアカウントが、ユーザーとのコミュニケーションに積極的

具体的に見ていきましょう。

名入れができる・プレゼントとして選ばれやすい

エスティ ローダーの婚活リップには、名前やイニシャルを刻印するサービスが用意されています。

estee_lip_name

自分のために刻印された商品をプレゼントされたら、感謝や驚きとともにSNSに上げたくなるのは人情でしょう。

さらに、Webでは二本買うと送料無料。
こうなると、友達と一緒に買ったり、プレゼント用に一本・自分用に一本という買い方をしたり、と購入シーンが広がります。
世間で「婚活リップ」とあだ名される商品なので、プレゼントする際にもストーリー性を持たせやすいはずです。

estee_lip_name2

エスティ ローダー公式オンライン ショップより
https://www.esteelauder.jp/products/649/Product-Catalog/Makeup/Lips

店舗限定や期間限定といった限定刻印がある

百貨店などの小売店舗で、「イベント限定・期間限定・シーズン限定・店舗限定」といった限定刻印ができるというキャンペーンをやっています。
例えば、2017年2月に伊勢丹新宿店ではルパン三世とのコラボレーション企画を実施するそうですが、
その一つに、エスティ ローダーの婚活リップに、ルパン三世を模したモノグラミングを行うサービスも予定されているそうです。

イベント限定、期間限定のサービスは「新しいニュース」として、商品の新鮮さを保ち、ユーザーを刺激するための仕掛けになっています。

公式のソーシャルアカウントが、ユーザーとのコミュニケーションに積極的

さらに、Facebook公式ページがユーザーからの質問・コメントに積極的に回答していて、コミュニティが非常に賑わっています。

#限定モノグラミング
#ねこ

イベント限定の猫モノグラミングが登場♪お住まいの地域をコメントいただけましたら、お近くの店舗のイベント情報を返信させていただきます。
※コメントいただいた地域に実施予定がない場合もございますので予めご了承ください。

Estee Lauder JP (エスティ ローダー)さんの投稿 2016年9月1日

こちらはエスティーローダーのFacebookより。
「お住まいの地域をコメントいただけましたら、お近くの店舗のイベント情報を返信させていただきます。」
と宣言されています。

estee_fb2

実際にユーザーの質問に積極的に答えていっています。
仮にbotで行っているとしても、脱帽するほどのコミュニケーションの密度です。
その結果、公式ページは大変な賑わいを見せています。

またこういったコミュニケーションは、ユーザーにとっては非常に嬉しく感じられ、非常にブランド・ロイヤリティが高まるはずです。

緻密なブランド戦略に裏付けられたソーシャルでの勝利

先に上げた「『エスティ ローダー婚活リップ』がソーシャルで支持される3つの理由」をそれぞれ言い換えると、次のようになりそうです。

  • 名入れができる → ストーリー性
  • 限定刻印 → ニュース性
  • 密なコミュニケーション → ブランド・ロイヤリティ

傍目に見るとソーシャル上で偶発的にバズが起きたようにも見えてしまいますが、一つ一つ辿っていくと、緻密なブランドコミュニケーション戦略が垣間見えます。
この「エスティローダー 婚活リップ」は一つの商品をソーシャルから火をつけるための戦略事例として非常に参考になりそうです。

Yahoo!検索大賞2016、スーパー大麦グラノーラ。その検索数は?

2016.12.21