第2回 VINYL MUSEUM の反響は?

第2回 VINYL MUSEUM 2018 は大盛況!

2018年7月21日から8月5日の日程で銀座で開催された第2回 VINYL MUSEUMには多くの若者や家族連れ、また芸能人の方々も訪れ大きな話題となりました。
今回の第2回 VINYL MUSEUM 2018年夏のテーマは “Paint your summer” であり、「夏」をイメージした不思議でフォトジェニックな空間を作り出しました。
第1回を上回る約6700人の以上の人々が来場し、大きな盛り上がりを見せ Instagram 上に社会現象を巻き起こしました。
今回は先日幕を閉じた第2回 VINYL MUSEUM を来場者のSNS上の反響から振り返っていきます。

SNSで拡散された VINYL MUSEUM

今回はインフルエンサーの方を招待したレセプションパーティーを行うなどの試みにより、第1回よりも多くの人々にSNSを通して拡散されました。
「#vinylmuseum」「 #ビニールミュージアム」の投稿は7200件以上であり、主にInstagram上のそれらの投稿からたくさんの人々に伝わりました。
ハッシュタグ検索など、Instagramが情報収集のツールの一つとなっている時代だからこそVINYL MUSEUM は大きな話題となりました。

コラボブースも大人気!

今回の VINYLMUSEUM では多くのパートナー企業の協力をいただきました。
そして今回はスポンサーの企業とコラボしたスポンサーブースやスポンサーウォールをいくつか作りました。
スポンサーブースも細かな仕掛けが施されたとてもフォトジェニックな仕上がりとなっており、多くの人々が写真や動画を撮って投稿していました。
スポンサーとのコラボブースは人気ブースの一つとなり、たくさんの人々から「ピンクが可愛い!」「まさにインスタ映え!」といったコメントがInstagramの投稿に多く寄せられています。
またコラボした商品のサンプリングを無料でお土産として来場者に配布するなどのサービスも好評となりました。

花王シャンプー「PYUAN」とのコラボブース

日本郵便「お守りかもエール」とのコラボブース

フォトブック特典の導入

「いい写真が多すぎてInstagramにアップしきれない」という前回来場者の声を反映し、今回はブースで撮ったお気に入りの写真を選んでフォトブックにすることができるサービスを導入しました。
富士フィルムのサービスであるPhotoZINEとVINYL MUSEUM がコラボすることでインスタ映えな写真と思い出を手元に残せるサービスが実現しました。
このサービスはとても好評であり、多くの来場者にフォトブック付きチケットを購入していただきました。

来場者やSNS上の声

VINYL MUSEUM の公式Instagramの投稿やストーリーズには来場者や VINYL MUSEUM に興味を持っている人たちから多くのコメントが届きました。
また、VINYL MUSEUM の投稿をしているインフルエンサーや一般の方の投稿にもたくさんのコメントが寄せられていました。
「インスタ映えできました!」「オシャレで可愛い!」「お土産が嬉しい!」などポジティブな感想やコメントを多くいただくことができました。

コメント抜粋

まとめ

今回の第2回 VINYL MUSEUM には若者を中心とした6700人以上が来場し、来場者の約7割がInstagramを見て来場したことがわかりました。
このことからも現代におけるSNSの拡散力や影響力の大きさがうかがえました。
また来場者の5割以上が10代、20代の女性でありましたが、男性の来場者も全体の3割程度存在し、男性や子連れなどのファミリー層にも反響のあったイベントとなりました。