YouTuberタイアップ広告市場を推計 2015年に昨年比8倍に成長。市場規模は15億円以上!

movie

iCON CAST調べによる日本のYouTuberタイアップ広告市場のデータをご紹介します。

YouTuberタイアップ広告市場を推計

近年「動画元年」というワードが飛び交う中、日本におけるYouTube広告の規模は明らかにされていない部分が多く、肌感として動画広告市場の成長が分かりにくい状況にありました。

そこで、今回はYouTuberのタイアップ広告数を測定し、動画広告の成長を調査しました。

#YouTuberタイアップ広告とは

YouTuberタイアップ広告とは、「企業が直接YouTuberにプロモーションを依頼し、動画を制作・PRする」形式の広告のことを指します。

TrueView広告が動画が始まる前に5~15秒で差し込まれる形式なのに対し、YouTuberタイアップ広告は「動画全体が企業の商品宣伝をベースに作られたもの」になります。

#調査結果

image

調査から読み取るTOPICS

  1. 2014年に昨年比で3倍に。さらに2015年には8倍に成長(年間1,276本)
  2. 2015年にはポスト “スターYouTuber” が躍進
  3. 2015年のYouTuberタイアップ広告の市場規模は、日本だけでも15億円以上

2014年に昨年比で3倍に。さらに2015年には8倍に成長(年間1,276本)

2012年には年間29本しかなかったYouTuberタイアップ動画が、2014年には154本を超え、2015年には1,276本ものYouTuberタイアップ動画広告が制作されています。

2015年にはポスト “スター YouTuber” が躍進

2015年は2014年比で平均再生回数が2分の1になっていることから、チャンネル規模が相対的に小さいYouTuberにもタイアップ広告が普及していることが分かります。

tier

2015年のYouTuberタイアップ広告の市場規模は、日本だけでも15億円以上

YouTuberのタイアップ広告は1再生あたり10円程度の単価だと仮定すると、2015年の場合は、日本だけでも15億円以上の市場規模となっています。

調査目的と方法

  • 目的
  • 動画広告市場の成長を、数値的観点から測定する。

  • 方法
  • ・YouTubeにある登録者数1,000人以上のチャンネルにアップロードしている動画が対象。
    ・その動画のうち、動画説明欄にタイアップ表記・PR表記がされているものを、2012年からカウント。

  • YouTuberタイアップ広告の単価は、YouTubeの動画広告(TrueView広告)の視聴単価が1再生10-20円であることより推定

「iCON CAST」のご紹介

iconcast_logo_rw (3)

THECOO株式会社の運営する「iCON CAST(アイコン キャスト)」とは、広告主となる企業が多数のYouTubeクリエイターに対して動画の制作とプロモーションを依頼できるサービスです。
2015年1月26日に国内初としてリリースされ、現在1,800人以上を超える様々なYouTuberが登録するサービスとなっています。

【サービス提供開始】 2015年1月26日
【利用方法】広告主企業は、iCON CAST 内に募集要項を入力するのみで、様々なジャンルの登録YouTuberから応募が集まる仕組みです。
【URL】 https://icon-cast.com
【登録YouTuber数】1,800名以上
【登録YouTuber の総登録者数】2,000万人以上