YouTuber タイアップ広告、何曜日がベスト?

best_day_for_youtuber

YouTuber を起用してタイアップ動画をつくり、YouTuber のチャンネルにおける拡散を狙う広告主企業にとって、出来るだけ『ベストの状態』で動画を公開してほしいと思うのは当然のことでしょう。

動画の企画や内容がYouTuberのファンとマッチするものであることはもちろんですが、公開のタイミングや動画の長さなどの要素も、最も視聴されやすい環境を作る上で無視出来ません。

そこで、本日は PewDiePie 氏にタイアップ依頼を行うことをシミュレーションして、考えるべき要素をお伝えします。

PewDiePie
世界で最もYouTube チャンネル登録者数の多いYouTuber。
彼のチャンネル登録者数は2016年2月現在でなんと4,200万人を超えます。

1) YouTuberタイアップ広告:YouTuberの統計データを調べる

海外のWeb サービスでYouTuber の統計データを調べることの出来るものは複数存在しますが、本日は VidStatsXを使ってみましょう。
VidStatsXにアクセスし、特定のYouTube チャンネル名 (今回の場合は PewDiePie) を検索すると個別の統計データを確認することが出来ます。

Screenshot_pewdiepie_stats#1
参照:http://vidstatsx.com/PewDiePie/youtube-channel

STATS=統計データ
月、日、時間単位での登録者数の推移や、日単位の再生回数推移、また将来の登録者数予想なども算出されます。

2) YouTuberタイアップ広告:YouTuberの人気動画を調べる

他にも様々な統計データが表示されるのですが今回特に注目したいのは、VIDEOS タブの『MOST VIEWED VIDEOS(=最も視聴された動画、人気動画)』という項目です。

Screenshot_pewdiepie_stats#2
参照:http://vidstatsx.com/PewDiePie/youtube-channel

PewDiePie 氏の歴代動画の中で特に視聴された上位44本の動画において、公開された日付、曜日、動画の尺、高評価率といった情報が掲載されています。
早速曜日について何曜日が多くランクインしているのかを調べてみたところ、下記のような分布となりました。

pdp_week

火曜日を底に、週末に向けて徐々にランクイン動画が増えていき、土曜日にピークを迎えるような傾向となっています。
もちろん、そもそもPewDiePie氏が動画を公開する曜日自体にばらつきがあるため、一概に本傾向が全てではありませんが参考になるデータです。

また、動画の尺に焦点を当てると、10分を少し超える動画が歴代1~3位を占めています。
平均値と中央値も計算すると平均が 8:07, 中央値が 7:18 となっており、7~10分くらいの尺を指定すると概ね成功例に近しい尺となることがわかります。

3) YouTuberタイアップ広告:YouTuberの「外れ値」も調べる

最後に、高評価率を見てみるとほとんどの動画は95% を超える高評価率ですが、ひとつだけ92.2% と頭一つ下がっているものがあります。
こうした動画を見つけた際は必ず中身を確認しましょう。

こちらが通常よりやや低評価が多かった動画です。


MY GIRLFRIEND PLAYS: Happy Wheels – Part 19

すぐに2つ仮説が思い浮かびます。

  • 1.GIRLFRIEND によるゲームプレイ動画であること
  • 2.『Happy Wheels』 はゲーム内の怪我や血などの表現が激しいこと

本動画は Part19 のため、プレイリストへとび、他の動画の評価を確かめてみましょう。
すると、同シリーズの他の動画では高評価率が95%以上あるものがほとんどのため#2の仮説は消えます。

また、GIRLFRIEND の登場がマイナス効果になっているかどうか、こちらも他の動画を確認します。
他の動画でPewDiePie氏のGIRLFRIEND が登場するものをいくつか見ると、高評価率は95% を超える結果となっています。

つまり、上記2つの仮説それぞれは直接的な原因とはなっていないと推測されます。

こうなるとコメント欄のコメントを拾っていくしかないのですが、今回のケースではコメント欄が閉じられています。
通常ではコメント欄の閉じられた動画はPewDiePie 氏の動画ではあまり見られないため、何かしら特殊な原因があったことがうかがわれます。

実際にこうした事象に行き当たった場合は、起用予定のYouTuber に理由を質問してみると良いでしょう。

まとめ

今回はPewDiePie 氏を例に、いかに『ベストな状態』で動画を公開するかというお話を書かせて頂きました。
もちろん他のYouTuber さんでも同じことは可能ですので是非お試しください。