スティーブン・ホーキング博士、Weiboアカウント取得から僅か6時間足らずで100万フォロワーを獲得

universe

天才科学者ホーキング博士、Weiboアカウントを開設

著名な理論物理学者スティーブン・ホーキング博士が、Weibo,ウェイボー(中国版Twitter風のミニブログサービス)にてアカウントを開設し、ごく短時間で100万人を超えるフォロワーを獲得しました。

世界中で広く知られる英国の科学者の最初の投稿は、英語と中国語の両言語で綴られました。
そこで博士はと次にように述べました。
「私が初めて訪中した1985年、鉄道での旅を楽しみました。
実際の旅行では、私は皆さんの国の魅力的な歴史と文化のほんの表面にしか触れられませんでした。
しかし今やこうしてソーシャルメディアを通して皆さんと交流することができます。」

博士は書き込みの締めに「S.H.」と署名しており、説明によるとこのアカウントは、博士本人とLAにあるメディア会社、Stradella Road社によって共同管理されているとのことです。

中国ユーザーの反応

この書き込みには20万を超えるコメントが寄せられ、そこには「人類への貢献をありがとう」「愛しています」等の言葉があり、歓迎を受けているようです。

ウェイボーではコメントへ「いいね」のような評価が出来、それによってコメントのランキングが上がるという仕組みがあります。

寄せられたコメントの上位には、他の中国人に対しての「馬鹿げたコメントをして恥をかかせるな」という意味合いのものが多く見受けられました。

それでも、上位コメントの中には未だ「いつになれば彼女が作れるでしょうか」や「宇宙人は存在しますか」等のような書き込みがあるようです。
ともすると、後者は本当に真剣に尋ねているだけかもしれませんが。

Twitterアカウントを持たないホーキング博士

ホーキング博士がウェイボーアカウントを取得したことで、中国人ユーザーの拡大を狙うFacebookよりも一歩リードしたと考えている人もいるようです。

このことで、国外からのウェイボー訪問者の増加だけでなく、FacebookやTwitter等へユーザーが流れるのを防ぐという効果もあるのではないでしょうか。

ホーキング博士は、Twitterアカウントを持っていないようです。
2014年10月開設され、現在300万人のフォロワーを持つフェイスブックのファンページがありますが、それも博士とStradella Road社との共同管理となっています。

まとめ

まさにホーキング博士のような人物こそインフルエンサーと呼ばれるに相応しい存在です。
その博士のウェイボーでの一挙手一投足に注目です。

ただ中国のユーザーとのやり取りを見ていると、あまり格式張ったものでなく、非常に微笑ましいです。
かつて、ソフトバンクの孫正義氏がTwitter上でユーザーと交流していたことを思い出しますね。